うつ状態のとき運動したくてもできないのはなぜ?こんな運動ならできるかも!

双極性障害で引きこもりの理奈子です。

引きこもりなので滅多に外に出ません。完全なる運動不足です。

加えてうつの波がやってくると・・・ますます運動する気などなくなってしまいますね!

「運動すれば気持ちがスッキリするよ!」

そんなことは分かっているんです!

運動しなきゃいけないのに運動できない・・・抑うつ時はどうして運動ができないのか見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

抑うつ時に運動ができない理由

①体が重くて動けないから

抑うつ時は鉛のように体が重く感じる症状が出ます。

寝ているときも真上から押しつぶされたような感覚があり、起き上がれません。

寝床から起き上がれたとしても、身体が重いので思うように動かすことができません。

②外に出るのが怖いから

対人恐怖症を併発している場合や、休職・休学中で知り合いに会うのが嫌な場合は外に出るのが怖いと思うようになります。

人の目を気にしてしまうほか、

太陽の光や車の音に敏感に反応することもあります。

③何もする気が起こらないから

楽しいこと、趣味、食事、睡眠、何に対してもやる気を失うのがうつの症状です。

運動する気にもなりません。

外に出るのが億劫で、体を動かすこともできなくなってしまいます。

④すぐ疲れてしまうから

抑うつ時は気力・体力共に落ち込んでいるため、

運動してもすぐ疲れてしまいます。

昔はそんなことなかったのに、うつになったら外に出て少し歩いただけなのにとても疲れてしまった。ということもあります。

ずっと外に出ず運動もしてこなかった期間が長く、体力が衰えていると尚更すぐ疲れやすくなります。

すぐ疲れるから運動したくないな、と思うようになるとますます運動しなくなるループに陥ります。

運動できない自分を責めないで

うつ病の患者さんを持つご家族の方の中には、

「家族が家にいてばかりで全然運動しない。無理やりにでも外に連れ出した方がいいのだろうか?」

と悩まれる方も多いと思います。

患者さんも家族に言われ、運動しなきゃと思うが運動できず自分を責めることもあるでしょう。

うつ病で運動をしないのは怠けているのではありません。

病気の影響でできないから運動できないんです。

できないときに無理に運動しないでください。

無理矢理運動するとうつが悪化してしまうかもしれません。

できなさそうなときは、まだ無理をする時ではありません。今はゆっくり休みましょう。

大丈夫です、回復してきたら運動できるようになりますから。

できるようになったらちょっとずつ体力を取り戻していけばいいんです。

これならできるかも?運動不足解消法

できないときは無理して運動する必要はないのですが、運動不足はきになりますよね・・・。

うつでずっと寝ているといつの間にかお腹がぽっこり、あるあるです。

運動しなきゃ!と意気込んでいると気負ってしまって余計できなくなりがちです。

これならできるかも、というハードルの低そうな方法を集めてみました。

調子が良いときに試してみてください。

①家の中で運動する

外に出るのが億劫なら、家の中で運動しましょう!

天気が悪くても家の中なら気兼ねなくできちゃいます。

軽いストレッチや筋トレなどあなたができそうなものに挑戦してみてください。

私はスクワットに挑戦中です。これがなかなかきつい!続けるのが大変です。

さぼりがちですが1日50回目標です。はじめはきつくても徐々に慣れてくるので確実に鍛えられていることが実感できますよ。

有酸素運動がしたいときはYouTubeで動画を探し、家でもできるダンスエクササイズを取り入れています。

楽しいけど結構キツい!


ダンスがハードすぎるならヨガはどうでしょうか?

②人の少ない時間帯に外に出る

外に出るのが怖いなら、なるべく静かで人の目が気にならない時間帯に外出するのはどうでしょうか?

夜~明け方の人が少ない時間帯がおすすめです。

外の空気を吸うだけでも気持ちがスッキリします。

ただし、人の少ない時間帯は危険ですので十分注意してください。

家族に付き添ってもらうのも良いでしょう。

親しい間柄の人と喋っていると、あっという間に時間が経ち予想以上に歩けることもありますよ。

③なるべく歩く

外に出る機会があるときは車や交通機関を使わずに歩いてみましょう。

いつもより一駅前で降りるのも良いですね。

通院の際は必ず外に出るので、その機会を利用してはいかがでしょうか。

普段の運動不足をここで少しでも解消する気持ちで歩きましょう。

私は車も免許も持っていないので移動手段はバスか歩きになります。

なので、スーパーもコンビニももちろん徒歩で行きます!それ以外行くところもないからな!

長距離歩くと疲弊するのはもちろんのこと、抑うつ時は外に出るだけで疲れてしまうものです。自分のペースに合わせて無理なく歩いてくださいね。

おわりに

健康でいるためには切っても切り離せない運動ですが、私は運動が嫌いです!

できることなら運動したくないです。双極性障害になる前も今も変わりません。

ですが、自分に無理のない運動をした後はやっぱり気持ちがいいです。

特に散歩は自然の移ろいを感じることができるのでいいですね。

すべてを完璧にこなす必要はありません。段階的に取り組んでいきましょう。

散歩に取り組んでみたいなら、家から一歩出るだけで1日目は上出来です。

家の周りをぐるぐる歩いてみる、5分だけ歩いてみる・・・と少しずつできるようになっていけばいいですね。

できないときは、やらなくても大丈夫。

できそうなときは、できそうなことから。

あまり難しく考えずに運動を取り入れていきましょう!

こんな記事も読まれています

双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「鬱」はこんな感じ!
前回は双極性障害Ⅱ型の軽躁のエピソードをご紹介しました。 関連記事:双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「躁」はこんな...

うつでお風呂に入れないときに試してほしいこと3つ
うつがひどくてどうしてもお風呂に入れないときってありますよね。 「ずっとうつが続いていてお風呂に入ってない。でもそ...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする