健常者「時間が無い」うつ病患者「体力と気力が無い」

双極性障害で引きこもりの理奈子です。

やりたいことがあってもなかなか取り組むことができません。

スポンサーリンク
レクタングル大

抑うつ時は意欲が無い

うつのとき「なにかやりたい!」と意欲が湧いてくることはほぼありません。

鉛のような体を横たえて、ひたすらじっとしています。

何もしたくありません。こうやってじっとしていたいわけでもありません。生きていたくもありません。

「あれやりたいな」と思うときは比較的調子の良いときです。

長い間うつ状態にあったのが意欲が湧いてきて、簡単な作業や趣味に取り組めるようになってきたら回復している傾向かもしれません。

私は双極性障害Ⅱ型なので鬱の時は何もできませんが、調子のよいときは家事や趣味に取り組むことができています。

体力・気力が無い

いざ「何かやりたい」と思っても療養中に落ちた体力のせいで取り組んだことが長く続かない場合があります。

散歩にでかけても外出して買い物してもすぐに疲れてしまいます。

体力が無いとせっかくの楽しいことも長く楽しむことができません。

あれをやろう、と思い立っても取り組むだけの気力が湧いてこずにそのまま何もできないときもあります。

やってみたくてもそこまで気持ちが追い付かないと取り組むことができません。「やりたい」が「やらなきゃ」に変わると自分を追い込むことになります。

お金もない

うつ病で療養していると収入減が無くなります。

必然的に節約志向になり、趣味や娯楽にお金を使うことをためらうようになります。

旅行行きたいな~!でも絶対無理だわ・・・

あれが食べたいな!でも節約しなきゃ・・・

せっかく意欲が湧いても「お金がかかるならやらなくていいや」と取り組むことができません。

うつを治すためにはまずお金の不安を解消すればよい、との意見もありますがそれはハイハイをする前にいきなり立てと言われているような感覚に聞こえます。

時間はたくさんある

健常者のみなさんに「うつ病人は時間がたくさんあっていいよな。暇そうだし。自分も休日が欲しい。」と思われても仕方ないほどうつ病で療養中は時間がたくさんあります。

しかし、うつ病人に時間がたくさんあると思ったらそれは少し違います。

確かに時間はたくさんあるのですが自由に好きなことをできる時間は限られています。

なぜなら前述した通り抑うつ状態にあるときは何もできないからです。

1日が24時間あってもその時間のほとんどが抑うつ状態だと遊び暮らすなんて到底できません。

苦しくつらいうつに耐えながらただ大人しく体を休めていないといけない時間は地獄です。

健康な人は仕事で疲れていたとしても十分に休養をとったら自分のやりたいことに取り組むことができます。

もしそうではなく十分休んだのに疲れが取れない、意欲がわいてこないのだとしたらうつ病を疑った方が良いでしょう。

うつ病患者は十分に休養をとっても意欲がわいてこずやりたいことができません。

健常者はやりたいことを十分にやれる時間がない、うつ病患者は体力と気力がない・・・お互い無い物ねだりですね。

おわりに

体力と気力が追い付かないときは無理に物事に取り組む必要はありません。

「やりたい」が「やらなきゃ」になるとできない自分を責めることになります。

今はゆっくり休むことが回復への近道です。

回復すればやりたいことが自然とできるようになるので焦らず待ちましょう。

こんな記事も読まれています

うつになると外出のハードルが高くなる理由6つ
双極性障害で引きこもりの理奈子です。 お外出たくない!絶対にお外出たくありません! もともとインドア出不精だったのにうつになって...

うつ期は寝て過ごしてしまう。抑うつ時はどう過ごしたらいいの?
双極性障害で引きこもりの理奈子です。 うつ病の療養中は十分に休養をとってください、とは言われますが具体的に何をすればいいのでしょうか?...

双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「鬱」はこんな感じ!
前回は双極性障害Ⅱ型の軽躁のエピソードをご紹介しました。 関連記事:双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「躁」はこんな...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする