待ちのプロになろう。精神科・心療内科の長い待ち時間の過ごし方7つ!

初めてうつ症状で病院に行ってからもうすぐ6年、転院は5回、わたくし理奈子と申します。

どちらも2桁超えている先輩を差し置いておこがましいとは思いますが、

「精神科・心療内科待ち時間のプロ」を自称しています。

いえ、今思いついただけです。スミマセン。

というわけでこれまでの経験を活かし、「精神科や心療内科って受付から診察まで異常に待ち時間が長いけれど、その間どうやって過ごせばいいの?」という疑問に答えていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

精神科・心療内科の待ち時間は長い!

有名・人気の先生がいるメンタルクリニックや、総合病院の精神科はとにかく待ち時間が長いです。

一人一人に丁寧な診察をする先生ならなおさら待ち時間が長くなります。

予約の時間通りに行かないことも多々あります。

朝早く起きて、交通機関を使って移動して、待合室で数時間待って、会計して薬局行ってそこでも待ってあれ、いつの間にか日が暮れている・・・なんてことも。

予定している診察時間よりずっと早く受付を済ます!も待ち時間を少なくするコツではありますが、今回は受付から診察までの待ち時間をどうやって過ごすか?に焦点を当ててお話していきます。

待ち時間の過ごし方7つ

私が実際に待合室で時間をつぶしている方法、周りを観察したときに患者さんがしていることでおすすめなものを紹介します。

①テレビを見て過ごす

新しくできたメンタルクリニックなどには大きいテレビが設置されている場合があります。

ワイドショー、バラエティ、ニュースを見ていればあっという間に時間は過ぎていくでしょう。

勝手にチャンネルを変えることはできませんが、いい暇つぶしにはなりますね。

②雑誌や本を読んで過ごす

テレビはなくても雑誌なら置いている病院は多いです。

週刊誌、料理本の雑誌や小説、漫画を置いているところもあります。

雑誌や本を置いている病院は種類、冊数をそろえているのであなたの趣味に合う1冊が見つかることでしょう。

 ③スマートフォンでSNSや動画を見る

大きくて古い総合病院の精神科にはテレビも雑誌も無い場合があります。

薄暗い廊下と待合室に多くの患者さんが待ちくたびれた様子で座っています。

暇つぶしのテレビや雑誌が無いとき、またはそれらに興味が無いときはスマフォでSNSや動画を見て時間をつぶすのはどうでしょうか。

SNSや動画、ゲームは電池を消費するのでモバイルバッテリーもあると安心です。

④音楽を聴く

音楽が好きな方はスマフォやウォークマンで音楽を聴くのも良いですね。

ただし、大きな音で聞くと音漏れで周りの方に迷惑がかかります。自分が診察に呼ばれたことに気付けないので、音量は周りの音が聞こえる程度に留めましょう。

⑤本を持ち込む

自分の好きな小説や漫画を持ち込んで読むのもオススメです。

周りの人に何を読んでいるかを知られたくないなら、ブックカバーを付けていきましょう。

漫画はすぐ読み終わってしまうので、私は読み応えのある文庫本を持って行ってます。

電子書籍は持っていないので分からないのですが、そちらもきっといい時間つぶしになることでしょう。電子書籍リーダーを持っていれば紙の本のようにかさばらないし、何冊も所持できるところが魅力的ですね。

⑥軽くうとうとする

通院の日はいつもより朝早く起きるから、眠い!という方もいらっしゃるでしょう。

軽く目をつむり、うとうとするのもアリです。

熟睡には注意ですよ!私は熟睡してしまい、診察に呼ばれたときに慌てふためき、まだ眠い頭で担当医に何を話したらいいか分からず混乱した経験があります・・・。

⑦ひたすらぼーっとする

テレビも本もスマフォも飽きてしまった。

または文字や映像を見るのが億劫で頭に入ってこないほど体調が悪い。

こうなったらひたすらぼーっとしましょう。

頭の中で妄想を繰り広げるも良し、無になるも良し。

ぼーーーーーーーーーーっ・・・・・・。

これであなたも待ちのプロ!

いかがでしたか?できそうな暇つぶしが見つかれば幸いです。

紹介した方法の他にも、「自分ができそうで、周りに迷惑がかからない方法」であればなんでもアリです。

待ちのコツをもう一つ。

同じ姿勢でテレビを見たり、本を読んだりしていると体が痛くなってくるはずです。

肩がこったり、目が痛くなったり。

なので、時々体を動かし、目を休ませましょう。

軽く肩を回すぐらいならいいでしょうが、大きな動きは周りの迷惑になるので、思い切り伸びをしたいときはトイレや人目に付かないところで体を動かしましょう。

席を離れている間に呼ばれるか不安な場合は、受付の方や看護師さんに「トイレに行ってきます」「あとどのくらいで呼ばれますか?」などと声をかけて行くと良いです。

もう我慢の限界だ!そんなときは

待っているのは自分だけではない。そう思ってもあまりにも待ち時間が長いとイライラしてしまいますよね。

新患受付や、祝日や休日の前後、人気の先生の担当日だと特に待ち時間が長い傾向にあります。

イライラしてきた!もう待てない!

自分より後に来た人が次々呼ばれている、なんで?

この後用事があるから、早くしてほしい!

そんな時は「あとどのくらいで呼ばれますか?」と聞きにいきましょう。

「あと何人です」「○時過ぎになります」とおおまかな目安を教えてくれるはずです。

(滅多にありませんが、ミスで順番を飛ばされてたというケースもあり得ます。)

呼ばれるのが何時間も先なら一旦待合室を出て別の用事をすることもできます。

その際は「外に出てきます、○時ごろ戻ります」と声をかけてから外出しましょう。

どうしても待てない場合は予約を取り直す、薬だけもらえないか相談してみるのも手です。

私の過ごし方

私は病院に文庫本1冊とスマートフォンを持っていきます。

テレビや雑誌があってもたまに見る程度で、ほぼ自分の持参したもので待ち時間を過ごしています。

いつも半日潰れる覚悟で行っているので、待つ覚悟をしていきます。

それでも、5時間ぐらい待つとなかなか堪えてきますが・・・。

Twitterをしたり、ゲームをしたり、文庫を読んだりと時間を有意義に使っています。

おわりに

うつで心療内科に通い始めたころは待ち時間が苦痛に感じていました。

通院に慣れ、転院を重ねる度に待ち時間を待ち時間と思わず、有効に使おう、どうせなら楽しもうと考えるようになりました。

待ち時間のイライラが少しでも軽減できるよう、あなたができそうな過ごし方を探してみませんか?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする