抑うつ時に考えていることは99%意味がない

双極性障害で引きこもりの理奈子です。

抑うつ時は布団から動けず、何もすることができません。

身体は動かなくても思考はできます。

大得意のネガティブ思考です。

スポンサーリンク
レクタングル大

抑うつ時に考えていること

あなたは抑うつ時に何を考えていますか?

ポジティブ思考ができる人はいないですよね。できたら鬱じゃないって!

大抵はネガティブなことを考えてしまうでしょう。

過去

トラウマ・後悔

現在

希死念慮・漠然とした不安

未来

将来への不安・絶望感

これらの思考に99%意味はないと断言します。

ネガティブ思考は何も生み出しません。

一度考え始めるとなかなか止まることまなく何度も何度も同じことを繰り返し考えるようになります。

その度に自分を痛めつけることになります。

過去変えられない。だから考えても無駄。つらい経験・トラウマ・後悔を思い出しても傷つくだけ。「あのときこうしていれば」と抑うつ時に考えたところで未来につながるいい案は出ない。

現在→寂しい・つらい・消えたい・・・など。感情を抑えることは難しい。

未来→将来のことをあれこれ考えたところで抑うつ時の判断が良い物とは言えない。悲観的になりがちで、ただただ不安に飲み込まれていく。人生における重大な決断をすべきではない。

以上が抑うつ時の思考に99%意味はない理由です。

うつから抜け出すと、あんなにずっと頭の中で考えていたことがちっぽけなことであったり、内容が希薄であったことが分かります。

抑うつ時にした考えから来る判断は頼りにしないようにしましょう。

ネガティブ思考を完全にストップするのは無理

人間の脳は考えないようにしよう!と思うと考えてしまうようにできています。

今から白猫のことを絶対に思い浮かべてはいけないと言われて、思い浮かべないようにすることはできますか?

ふわふわの毛並み!黄色いおめめ!ハァハァねこちゃんハァハァ!・・・うーん無理ですね。

同じように「ネガティブ思考をやめよう」と思ったところであまりうまくいくことはありません。

思考をストップするためには何かに集中して別のことを考えるのが一番効果があります。

しかし、体が動かないほどうつがひどいときは集中力も続きませんし何かに取り組むことも難しいでしょう。

なので「まぁ、うつだからネガティブに考えてしまうのも仕方ないか」と割り切ってしまいます。病気を抱えているなら悩みは尽きませんからね。

うつの思考ループに入った自分を許容した上で、一つだけ気を付けてほしいことがあります。

自分を責めるのをやめてみよう

それは自分を責め傷つけるのをできるだけやめてみよう、ということです。

抑うつ時に自分を責めたところで健常者に戻れるの?

身体が鉛のように重くて布団から動けないのに、就職できるの?

無理ですよね。考えても解決はしません。自分を責めて傷つけて、もっと悪い状態になりたいですか?再起不能になりたいですか?

できないことはやらなくていいや、ぐらいでいいじゃないですか。

自分のできないことはきっと他の誰かがやってくれるでしょう。

少なくとも今は、それでいい。いつかできるようになるかもしれないから。

うつ期間が長引くとそれだけつらい時間が続きます。

気に病んでも仕方ない。今は何かができるときではないと割り切って、うつが過ぎるのを待ちましょう。

できるだけ心穏やかに過ごすためにも、自分を責めない思考パターンを身につけてみませんか。

おわりに

自分を責めても何かが変わるわけではありません。

できることをやる。それを続ける。

これが精神疾患をこじらせた私なりの答えです。

こんな記事も読まれています

呼吸で精神統一!ネガティブとサヨナラしよう。
うつになるとネガティブ思考ループから抜け出れなくなるときはありませんか? 私はあります!超あります。 今回はネガティブ思考を止め...

底なしの寂しさはどこから来るのか?寂しさを減らす4つの方法!
うつで起き上がれなくて横たわりぼーっとしているとき。 さあ寝ようと布団に入っても、なかなか寝付けず考えを巡らせてしまうとき。 ...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする