うつになると外出のハードルが高くなる理由6つ

双極性障害で引きこもりの理奈子です。

お外出たくない!絶対にお外出たくありません!

もともとインドア出不精だったのにうつになってからもっと外出できなくなってしまいました。

スポンサーリンク
レクタングル大

抑うつ時に外出のハードルが上がる理由6つ

①身体が動かせないから

なんといってもまずこれ。抑うつ時は鉛のように身体が重く感じます。

身体を起こすことすらできず、ご飯も食べれないしトイレにも行けません。

そんな状態で外出するのは到底不可能です。

②身支度をするハードルが高いから

布団にくるまり身支度のことを考えていると外出ははるか遠くに感じる

健常者の皆様におかれましてはもう想像もできないほど抑うつ時の身支度をするハードルは高いものです。

身体を起こすことができたところで、身支度ができなければ外出できません。

何ステップにも及ぶ身支度のことを想像すると気が遠くなります。

服を着替える、髪を整える、歯を磨く、持ち物を準備する・・・

うつで判断力が鈍っていると服が決められません。女性はこれにさらにお化粧が加わるのでさらに難易度はアップします。

あれ?数日お風呂入ってないじゃん。お風呂入るとこからスタート?

そんなことしてたら出かけるのが夕方に・・・

身支度だけで重労働です。

③外に出るのが怖いから

外は家の中に比べて刺激がいっぱいです。

抑うつ時は感覚が過敏になっている場合もあります。

車の音、電車の音、鳥の鳴き声、人の話し声が聴覚を刺激します。

太陽は眩しいし、目に入ってくる情報量は多いし、視覚情報で大混乱。

人ごみに入るとどんどん体力も奪われます。

刺激が多いと疲れてしまいます。

なんとなく外に出るのが怖いな、と思いから外に出られないこともあります。

④人に会いたくないから

休職中・退職後は勤務先の人に会いたくありません。

しばらく会っていない友人・知人とも顔を合わせたくないです。

近況を聞かれたらどうしよう?どう説明しよう?

もし遭遇してしまったら気まずいなあ。

実際はめったに会うことはないにしても、万が一会ったら気まずいですよね。

そう思うと外出する気も失せてしまいます。

調子がよく外出できる体調でも「人に会いたくない」と思うとうつむき加減で歩いてしまいます。

⑤お金が無い

うつで療養中は収入が無い・少ないです。

少しでも節約したいですよね。

外出すると何かとお金を使ってしまいがちです。

お金を使うくらいなら、じゃあ外に出なくていいや~!となってしまいます。

⑥体力が無い

こうして外に出ない生活を続けていると体力は落ちていきます。

外出してもすぐ疲れてしまい、長時間外にいられないなんてことも・・・。

疲れるから、外に出たくない。

疲れるからすぐ家に帰ろう。

これをくり返しているとますます体力は落ちていき、外出のハードルは上がります。悪循環ですね。

おわりに

どうしても調子が悪いときは、予定を先送りにしましょう。

無理に外出すると体調が悪化してしまいます。

抑うつ時を抜ければ、自然と外出できるようになるので今は焦らずゆっくり休みましょう。

こんな記事も読まれています

うつは運動したくても運動できない
双極性障害で引きこもりの理奈子です。 引きこもりなので滅多に外に出ません。完全なる運動不足です。 加えてうつの波がやって...

双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「鬱」はこんな感じ!
前回は双極性障害Ⅱ型の軽躁のエピソードをご紹介しました。 関連記事:双極性障害Ⅱ型のリアルな体験談。私の「躁」はこんな...

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする