背中に「すぐ眠りにつけるスイッチ」が欲しい……欲しくない?

不眠に悩んでいる。

というのも、一日の大半は寝ているから不眠になっても当たり前である。

1日12~15時間は寝ていそうだ。

もちろん熟睡できるわけがない。

変な夢ばかり見る。

脳と心臓に負担がかかりまくっている気がする。

このまま目が覚めませんようにと願っても叶わない。

何もできない鉛様の身体だとただ呼吸をしてとりとめのないことを考えるものだが、

うつになって不眠に悩まされるようになってからこんなことを考えるようになった。

「身体に、それも背中にすぐさま眠りにつけるスイッチが欲しい。」

なぜこんなことを考えるようになったか。

それは私が今使っているパソコンが眠るような挙動をするからだ。

現在使用しているノートパソコンはもう6年前に買ったもので、

当時のノートPCとしてはかなりのスペック、かなりのお値段だった。

お年玉貯金はすべて消えた。現在の同程度スペックノートPCの値段は5万くらい。まぁそんなもんだろう。

なにを思ったかノートPCなのにすごく重い物を買ってしまった。

持ち運びには苦労している。次買うなら絶対薄くて安いやつがいい。

でも6年使ってかなりお世話になったし、かなり無理させたし、塗装も剥げてて

ありがとう相棒といった感じ。もう少し生きていてもらわないと困る。頼むよ。

この相棒、眠っているときがかわいい。

スリープ状態にすると電源ランプがオレンジ色になりゆっくり点滅するのだが

その点滅するさまが、人が寝ているときに呼吸しているようなのだ。

すーぅっと光って、すーぅっと消える。

設定がよろしくないからか、自動更新で勝手に起きちゃうところもカワイイ。

まだ寝てなさい!と寝かしつけることもある。

シャットダウンのときは緑のランプがひゅーん・・・と眠りに落ちていくように消える。

熟睡しているんだな。カワイイ。

多分開発者がこだわって寝ているような挙動にしたんだろうな。

相棒を見ていたら、私もこんな風に眠れたらなと考えてしまうようになっていた。

スイッチを押したら、ひゅーんと意識が薄れていって、すぐにスヤスヤ眠りたい。

パソコンとは違うけれど、カチッと押せるスイッチがいい。

こんなん

スイッチの場所は背中がいい。なんで背中?なんでだろう。なぜか分からないけど背中がいい。

スイッチを押したら気持ちよく眠れるんだ。余計なことを考えなくていいんだ。

素敵な夢がきっと見れるんだ・・・!

何が言いたいかってなー、うちのVAIOたんはかわいくてサイコーってことと、

熟睡したいってことだよ!

おわり!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大