双極性障害だけどお酒は飲んでも大丈夫?という疑問に答えます

お酒が大好きな双極性障害の理奈子です。

あなたはお酒が好きですか?

好きなのに、病気のせいで飲めないのは辛いですよね。

スポンサーリンク
レクタングル大

Q.双極性障害だけどお酒を飲んでもOK?

A.推奨されません。

双極性障害でお酒を飲むことが推奨されない理由

①躁鬱が激しくなるから

お酒を飲むと躁鬱の波が大きくなる場合があります。

普段コントロールできていても、お酒の影響で極端に上がったり下がったりしてしまいます。

躁が激しくなると、嘘をついたり、大げさなことを言ったり

極端な行動に出てしまったりと周りの人に迷惑をかけることになります。

鬱が激しくなり急激に落ち込むこともあります。

私はお酒を飲んで気分がガーンと上がり、躁状態に入ってから一気に鬱状態にドーンと落ちることがよくありました。

できないことを言ったり、相手が負担に思うほど喋りすぎてしまったりと周りに迷惑をかけました。

素面に戻った後、その場にいた人から「具合が悪いときにはお酒を控えた方がいいかもね」と言われてしまいました。

自分のためにも、周りの人のためにも過度な飲酒は控えた方がいいでしょう。

②薬が効きにくくなる場合があるから

薬で病状をコントロールできていたとしても、アルコールがそれを邪魔してしまいます。

病状が安定していたとしても、お酒を飲んだせいで躁鬱が激しくなっては薬を飲んでいる意味がありません。

薬の成分とアルコールが合わない場合もあります。

薬が効かなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

それでも飲みたい場合は?

私は主治医に「お酒は飲まないでください」と言われてショックを受けました。

大好きなのに飲めないのは辛かったです。

楽しくお酒を飲んでいる人を羨ましく思っていました。

どうしてもお酒を飲みたいあなたは以下の解決策を試してみてください。

①主治医に相談する

禁酒を言い渡されてからしばらく月日が経ち、病状が安定してきたころ

思い切って主治医に「お酒を飲んでもいいですか?」と尋ねたところ、

「たくさん飲まなければいいですよ。ただし飲みすぎたときは薬は飲まないでくださいね。」

と条件付きでOKをもらえました。

私の場合はこのようにお許しをもらえましたが

人により病状も薬も異なるため対応が変わってきます。

自己判断をせず、まずは行きつけの病院で相談してみてください。

②ノンアルで我慢する

お酒を飲めていないため解決策ではないので、妥協案といったところです。

ノンアルコールがあるところではノンアルで我慢していました。

寛解に近づけて堂々と飲酒しよう!というモチベーションアップにもなりました。

おわりに

成人するとお酒を飲む機会はけっこうあります。

お酒が大好きなあなたも、そこまでではないけど飲む機会があるあなたも

自分の状態・処方薬を踏まえて主治医にお酒を飲んでもいいか聞いておくといいでしょう。

確認しておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする