双極性障害をオープンにして就職先を探すか?クローズで働くか?

病状が安定してきている、通院・服薬でコントロールできている方は

「そろそろ社会復帰できる頃かな?」と就職先を考えることもあるでしょう。

私は体調が安定していた頃、就労継続支援B型を利用し、その後アルバイトを始めました。

アルバイトをしようと思った理由は、就労支援の時給に物足りなさを感じていたことと、就労支援を受ける際立てていた目標がおおむね達成できていたからです。

体調が安定しているとはいえ、病院に行って薬をもらっています。双極性障害であることは変わりません。

仕事を探すときに、自分が双極性障害であることを明かし、障害者雇用の枠で雇ってもらうか(=オープン)

双極性障害を隠し、健常者として働くか(=クローズ)迷いました。

私が選んだのはクローズでした。

健常者として働き、再び体調を崩し、現在は無職です。

精神障害をオープンにして働くメリット、クローズにして働くメリットを見ていきましょう。

迷ってるあなたの参考になりますと幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大

オープンにして働くメリット

・勤務時間や仕事内容の配慮をしてもらえる

・支援機関を利用すれば、本人と企業の調整役をしてくれる

雇用側が障害者と分かったうえで雇用するため、職場に定着しやすくなります。

障害者雇用率を上げたいだけの企業は注意が必要です。

精神障害者への理解がない場所を選んでも、仕事を長く続けることはできないでしょう。

障害者を募集している企業は全国のハローワークにてお探しください。

クローズにして働くメリット

・選択肢が増える

障害者雇用を積極的に行っている企業・自分の希望する職種などと条件を絞り込んでいくと

オープンではどうしても選択肢が少なくなってしまいます。

クローズでは職業の選択肢は増えますが、雇用側の配慮はありません。

よって、自分で体調をコントロールし勤務しなければなりません。

職業訓練所に相談に行こう

オープンかクローズか迷っていた時に私は職業訓練所に相談に行きました。

希望職種・勤務時間・希望給などを用紙に記入し、面談をしました。

まだ安定して勤務を続けるのは難しそうだから、しばらくは就労継続支援を続けてみては?とアドバイスをいただきました。

今の自分の状況にあったアドバイスがもらえますよ。

必要に応じて、雇用先や職業訓練を紹介してもらえます。

就労支援を利用しよう

アルバイトや正社員で働くのは無理そうだけど、できる範囲で社会復帰を目指したいあなたにおすすめなのが就労支援です。

私は双極性障害Ⅱ型ですが、この支援を受けることができました。

体調が悪いときはいつでも休めましたし、作業もできる範囲でやっていました。

支援員さんと目標をたてながら少しずつステップアップすることができました。

就労支援は就労移行支援、就労継続支援A型・B型と種類があります。

お近くの福祉課にて相談が可能です。

おわりに

自分の体調に合わせて、決して無理はなさらぬよう、オープンかクローズか考えてみてくださいね。

情報は随時追加していく予定です。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする