【双極性障害】医師の判断無しに断薬してみたけど・・・

双極性障害Ⅱ型の理奈子です。

双極性障害は薬を用いて治療するのが一般的です。医師の判断無しに断薬、つまり薬を飲むことを中断するのは危険です。薬をやめることで離脱症状が出る恐れがあります。

今回は私が薬を医師の判断無しに中断したお話をします。

スポンサーリンク
レクタングル大

断薬をした経緯

抑うつ症状が出てから双極性障害と診断されるまで多種類の薬を飲んでいました。

三環系、四環系、SSRIなどの抗うつ薬や気分安定薬まで様々です。

お薬手帳をざっと見て、今まで飲んでいた薬を振り返ってみました。

1日の回数は省略しています。

初期

リーゼ錠5mg

ドクマチール錠50mg

ジェイゾロフト錠25mg

抑うつ症状と不眠を心療内科に訴えたところ、この処方になりました。大学の受験期でした。様子見の処方です。これが8カ月ほど続きます。

総合病院に転院

トフラニール錠10mg

リーマス錠100mg

ホリゾン錠2mg

テトラミド錠10mg

レンドルミンD錠0.25mg

アモキサンカプセル25mg

レンドルミンとテトラミドが消えて

デパケンR錠100mg 追加。

アップダウンの激しい時期でした。7カ月ほどこの処方でした。

一番薬を飲んでいた時期です。副作用のせいか便秘に悩んでいました。

後に転院したメンタルクリニックの主治医はこの処方を見て「古いタイプの処方だ」と言っていました。

双極性障害と診断されてから

リーマス錠200mg

ジェイゾロフト錠25mg

ジアゼパム錠2mg

血中リチウム濃度を測って効果を確かめていました。

1階2錠朝昼夜服用で1日1200mgでした。

1年以上この処方です。

そして断薬

薬を飲んでも飲んでも良くならないし、頭はぼーっとする。

薬を飲まないと具合が悪い。

薬を飲んでも治らない。

私は思い切って薬をやめることにしました。

高校の学校祭があり、久しぶりに友人と会いました。

自分と友人を比べてしまい、自暴自棄になっていました。

いつまで経っても双極性障害が治らない。薬を飲んでも何も変わらない。

思い切ったことをすれば自分の症状が変わるのではないかと思いました。

そして、医師の判断なしに断薬をしました。

断薬をすると、薬が溜まっていきます。

1日に飲む量はリーマス200㎎3錠、クエチアピン錠25mg1錠、ジアゼパム錠2mg2錠です。

計6錠をこっそりと箱に入れていきました。

毎日貯めると結構な量になります。

貯めた薬はODか服薬自…にでも使おうと思っていました。

家族には内緒で断薬していました。

監視の目があるときは、薬を触ってこっそりポケットにいれつつ、水を飲んで薬を飲んだ振りをしていました。

断薬してどうなったか?

断薬してみるとなんとなく頭がスッキリする感じが続きました。

でも劇的に良くなったということもありません。

幸い、離脱症状は起きませんでした。

しばらく薬を飲んでないことは医師に伝えられなかったのですが

2カ月ほど経ってから思い切って飲んでいたことを伝えました。

断薬は悪いことをしている気がして、主治医に怒られると思っていました。

しかし「そっかー、効くと思って飲まないと意味ないからなぁ。」で済みました。

突然の断薬はよくないことを説明され、

処方が寝る前・クエチアピン錠25mg(セロクエル)に切り替わりました。

私も納得して処方された薬を飲むようになりました。

それ以降寝る前のクエチアピンで体調は安定していました。

就労支援を経てアルバイトができるほどになりました。

断薬を勝手にしてはいけない

「お前が言うな!」と言われそうですが言わせてください。

断薬を勝手にしてはいけません!

自己判断で症状がどう変わるか分からないからです。

私の場合、良い方に転びましたが皆が皆そうなるとは限りません。

断薬をした当時、私は離脱症状について知りませんでした。

Check!

離脱症状とは?

減薬・断薬したときに体に不調が現れること

参考リンク:離脱状態―ハートクリニック

もしもあなたが断薬・減薬を考えているなら

勇気がいるとは思いますが、医師に相談してみてください。

プラセボ効果もありますから、効くと思って薬は飲んだ方が良いです。

医師の判断に従って、適切なペースで減薬・断薬していきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする