「私服=武装」自分を表現するツールのひとつ

最初に言いたいことを言ってしまいます!

「他人の私服を馬鹿にするな!!!」

スポンサーリンク
レクタングル大

理解できないなら何も言うな

私の服の趣味はクラシック・ロマンティック・フェミニンです。

カタカナだけ並べると自分で書いていてもさっぱりです。

この語句を見て、「ああ~ああいう服ね」と察してくれた方もいることでしょう。

レースやフリルが付いていないと死んでしまう病にかかっています。

お気に入りのショップで買い物をした後は、他の服の店がただの布に見えてしまう・・・w

女性ウケはそこそこしますが男性ウケは最悪です。

とはいえお世辞かもしれませんが「俺そういう服好きだよ。かわいいね」と言ってくれた男性もいますし

女性からは「絵本の世界から出てきたみたい~!」とお褒めの言葉を頂いたこともあります。

なんと言われようと自分が好きで着ているからよいのです。

しかし、ある時男性の先輩と飲みに行ったとき

私の服装を見るなり「お前ほんとそういうの好きだよね・・・ないわー」と言われてしまったのです。

なんというデリカシーの無さ!

どうもその先輩はフリルやレースが付いた服が嫌いなようです。

いやでも、思ってても言うかフツー?

とまあただの愚痴なのですが、私はその先輩の考え方の狭さに悲しくなりました。

世の中には多種多様な趣味を持ってる人がいます。

「自分は絶対着ない!」と思う服をやすやすと否定してはいけないと思うのです。

私服は自己表現のツール

私服は自分がどういう人間であるかを表すツールだと私は考えています。

ただひたすら流行を追い続ける人もいますし、

ブランド物で身を固める人だっています。

全く流行を気にせず、我が道を行く人、

私服は機能性だけで考え、デザインは全く気にしない人だっていますよね。

私の中で「私服=武装」の式が成り立っています。

普段は引きこもりですから、滅多に外に出ませんし、コンビニに行くくらいならふりふりした服は着ません。すごくシンプルな服を着たくなる時もあるしそういう服ももっているんだよ。

今日はちゃんと外に出て活動する!と気合を入れるときはがっちり好きなコーディネートで固めます。

家で鬱々としている雰囲気を取っ払い、私服に着替える(=武装)するとテンションが上がります。多少攻撃的な気分にならないと怖くてお外出れない。

どうだ!やってやったぜ!オッラーン!と謎の自信を振りかざし外出しています。

コーディネートがいまいちのまま出かけると攻撃力下がります。

「タイツの色おかしい・・・」と思ってるだけで背中も丸まりますよ。

私服を選ぶときに気を付ける点4つ

私と同じく「誰になんと言われようと自分はこの服を着るぜ!」と思っている人はいることでしょう。

この主張を曲げる気はありませんが、私は他に心がけていることがあります。

年齢、TPO、清潔さ、似合っているか の4つです。

年齢については、似合っているか?にも通じるのすが

子供っぽいデザインだから着れないなと思った服は選ばないようにしています。

好きなブランドの服がすべて自分に似合うわけではありませんからね。

20歳越してからはLIZ LISAがしっくりこなくなって卒業しました。

TPOも大事です。

焼き肉食べに行くときやアウトドアにふりふりな服は向きません。

そういったときはシンプルな服を選びます。

清潔さは、身だしなみの基本です。私服を選ぶ以前の問題です。

みっともなく見える私服は着ないようにしましょう。

合わせて読みたい:「もったいない」と「みっともない」どちらをとりますか?

似合っているか?で心がけていることは

色合いとスタイルです。

パーソナルカラーはご存知ですか?

私はオータムカラーが似合う人なので、そこから服の色を決めています。

これらがきちんと守れていれば、他人に不快感を与えることはまずないでしょう。

おわりに

私服は自己表現にかかせません。

誰になんと言われようが自信を持って自分の着たいものを着てください!

いくら「あなたにはこれが似合うよ」と勧められた服でたとえそれが似合う服だとしても

自分の好みでなければ着るべきではないと思っています。

気を付けること4点を心がけているのにも関わらず、「無いわー」と言ってくるような私の先輩のような人は価値観が合わないので付き合うのをやめた方がいいですね!実際彼とはその飲み会以来会ってないし会う気もありません。

自信を持って私服で自分をアピール・・・武装しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする