女性の化粧は自分ウケ。男性よ、勘違いすることなかれ。

引きこもり双極性障害無職の理奈子です。

滅多に外には出ませんが、駅前に出るときぐらいは仕方なく化粧をします。

なぜ女性は化粧をしなければならないのでしょうか・・・。

高校生まで化粧は校則で禁止されているのに、社会に出てからは化粧をするのが当たり前になるのが普通なことに疑問を持つ人も多いのでは?

そんな理奈子はおませさんだったので中学生のころから内緒で化粧品を集めていました。

やり方がよく分からなくて、パンダ目、ラメ入りグロスで唇テカテカのお化粧初心者っぷりを披露しているプリが残っています。

化粧は嫌いではないのですが、毎日するのは嫌でした。

朝早く起きて、職場に行く前にする化粧の嫌なことと言ったら!

私は化粧のパターンを

・勤務用

・デート用

・自分ウケ用

と大体3パターンに分けています。

スポンサーリンク
レクタングル大

勤務用メイクについて

無職なので省略します。

語りたくないので各自ググってください。

最近は大学の講義でビジネスマナーと並び、メイクアップ講座を履修できるところもあります。

私は履修していましたが、うつで1回も授業を受けませんでした。

ネットで調べて自己流でやっていました。

デートメイクの真実

今世紀最大に分かりにくい説明画

できる女子たちは退社後、デートに合わせてメイクも少し変えているはずです。(知らんけど)

理奈子のデートメイクはかなりナチュラル寄りです。

ベースはしっかり、アイメイクは控えめ、チークやリップはナチュラルな血色で派手になりすぎないものをこころがけています。

元々顔が緑色なので、ベースをしっかりして少しでも健康に見えるようにしなければなりません。クマも隠さねば。

そもそも、男性はナチュラルメイクが好きなのであります。

いいえ、この言い方は少し違いますね。

男性はすっぴんがかわいい女性が好きです。

ブスはお呼びでない。悲しい。

しかしブスでも恋愛したいよ。

汚いブスより小ぎれいなブスになろう?頑張ろう。

自分ウケメイクとはなんぞや

ブスを悲観してもしょうがないので自分ウケメイクについて解説します。

自分ウケメイクは自分がやっていて満足度が高いメイクです。

男受けなんて気にしない。流行を好きなだけ取り入れようが、取り入れなかろうが全ては気分次第。

ネイルなんかも自分ウケのいい例です。

ラインストーンやパールがもりもり付いたネイルは男受けしません。

ネイルに興味がある男性または綺麗やかわいいものが好きなオトメンなど少数派を除いて大抵男性たちはネイルに対して理解がありません。

「今日のネイルは特別可愛く仕上がった!○○君気づいてくれるかなぁ~」

なんて思って男ウケのために爪を盛っているなら今すぐやめた方がいいですよ。

口では「かわいいね」とか言ってくれるかもしれないが

男性は内心「こんなに爪を派手にするなんて理解不能」「家事ができなさそう」と思っています。

男ウケを狙うなら、何もしないまたは透明なトップコートや淡いピンクのマニキュアがいいでしょう。

ここで言う何もしないというのは本当に何もしないのではなく
爪は適度な長さか、割れていないか、ささくれはできていないか、手は荒れていなくてふわふわか、をクリアしたうえでの何もしていないなんですね。ちくしょう!男ってやつは!

で、それを分かっていながらなぜネイルをするのか

ネイルサロンまで行って、高いお金を使って、ゴテゴテと爪を飾り付けるのかというと
テンションが上がるからです。

自分へのご褒美でもありますし
綺麗な爪を見てうっとりしていると乙女心が満たされます。
要するに自分ウケです。

真っ赤なリップティントも男ウケ悪いですね。

派手で下品だとか古臭いとか言いたい放題。

ちゃうねん!こちとら好きでやってんねん!

アンタのためにやってるんじゃない。自分が好きでやってるんです。

今世紀最大に分かりにくい説明画その2

そんな私の自分ウケメイクは、

アイラインはガッツリ、リップも好きな色にチャレンジと、全体的に濃いめです。

おわりに

女性が男性のためにメイクをしていると思ったら大間違いです。

自分の好みでないメイクに偉そうに口出さないでくださいね!うぬぼれないでください、あなたのためにしているんじゃないので!

メイクはTPOが大事です。

それをわきまえて、メイクを楽しんでいけるといいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする