マスク依存症に注意!マスクを使うメリット3つと注意点

花粉症の時期に手放せないアイテム、マスク。

冬~春は乾燥防止、かぜ・インフルエンザ防止、花粉症対策と私もマスクが手放せません。

今回はマスクをつけることのメリット3つを紹介します。

最近増えているマスク依存症についても見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

マスクを使うメリット3つ!

予防

マスクは予防に使われる用途が一般的です。

花粉症では花粉をシャットアウトし、

かぜ・インフルエンザ予防ではウイルスや菌をシャットアウトしてくれます。

マスクも昔の布マスクと比較すると進化していますね!

何層にも重なったフィルターがホコリなど大きい物から

ウイルスなど小さい物まで鼻・口に通さないよう防いでくれます。

美容目的でマスクを着用する女性も多いです。

マスクをすると顔の大部分が隠れます。

ちょっとそこまで出かけたいけど、化粧をしたくないときにマスクが役立ちます。

ほぼ目元しか出ないため、マスクをした方が美人に見えるからマスクをする、という人もいるようです。

鼻が大きい、歯並びが悪いなどコンプレックスを持っていても、マスクをすれば「マスク美人」になれます。

自撮りをするときに口元を隠して写真を撮ったり、スタンプをつかって口元を隠すときありますよね。

それと同じように普段もマスクをして顔の下半分を隠してしまおうというわけです。

化粧はめんどくさいし、マスクすれば若干マスク美人に見える気がするので美目的でも私はマスクを愛用しています。

温度・湿度をキープ

特に冬の寒い時期はマスクをしているだけで顔の冷たさが違ってきます。

風邪なんか吹こうものならもうほっぺたが冷たい、冷たい!

顔の大半を覆うマスクをつけるとあったかいですよ。

もちろん、乾燥からも守ってくれます。

朝起きたら喉がガビガビに乾いて痛かった経験はありませんか?

乾燥した喉は風邪やウイルスへの防御力も下がってしまいます。

そんなときは夜寝るときもマスクをしましょう。

布マスクを湿らせて着用する方法もおススメです。

「マスク依存症」にご注意!

精神的にマスクに依存してしまい、マスクがないと生活できない!という状態には注意です。

・マスクがないと自分の顔を見せられない

・食事をするときもマスクを外せない

・なんとなくマスクがないと不安

・マスクをした方が表情も気にしなくていいからコミュニケーションがとりやすい

生活に支障が出る・対人関係に支障が出る場合はマスクへの依存度を減らした方がよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

花粉症対策・美目的・乾燥対策……とマスクをフル活用して依存症気味の私がマスクの魅力をお伝えしました。

過度の使用を避けつつ、マスクを有効活用していきたいですね!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。