恋人は自己形成のツールではない!恋愛依存症にありがちな歪んだ考え方5つ

アダルトチルドレンで恋愛依存症の理奈子です。

それはもう立派な恋愛依存症です。加えてアダルトチルドレンなので目も当てられません。

私は彼氏がそばにいないときは自分が不幸だと感じてしまいます。

彼氏といるときと一人で過ごしているときの自分が別人のように思えることがあります。

恋人がいないと幸せになれない?それ、恋人がいても幸せにはなれないよ?

スポンサーリンク
レクタングル大

自己肯定、できてますか?

Check!
・恋人がそばにいないと不安で仕方がない。

・恋人に許可をとらないと行動することができない。

・恋人に何かを否定されると自分も否定された気持ちになる。

上記の項目に心あたりがあるあなた、自分が恋愛依存症の自覚があるあなた、

きっとこのままではいけないと思いながらもどうしたらいいか分からないのではないでしょうか。

自分に自信がなく自己肯定ができず、相手からの愛されることで評価を得ようとしていませんか。

いつまで経っても苦しいのはそれが理由かもしれません。

恋愛依存症の人にありがちな考え方5つ

「理奈子は恋愛が向いていない」と言われたことがありまして。

言われた瞬間ショックだったのですが、その通りだな!と思っています。

私は恋愛がヘタクソです。

不器用とかそういうレベルじゃありません。

恋愛依存症でアダルトチルドレン(AC)の理奈子は恋愛においてこういう考え方をしてしまいます。

彼氏からの評価は絶対、さらにAC特有の認知の歪みが追い打ちをかける!激ヤバ!

①自己肯定ができないから好意を受け取れない

仮に彼氏が私のことを好きだったとしても

私自身は自分のことが大嫌い!

こんなに素敵な人が自分を好いてくれるなんてありえなくない?

私にはもったいなさすぎるよ・・・

というわけで好意を寄せられてもピンとこない!

愛情表現されても無駄無駄無駄無駄ァ!

よく分からないくせに「私のこと好き?」って聞いちゃう。

「好きだよ。」って言われたら嬉しいし「ありがとう。私も大好き!」と返す。

でもいまいちよく分かってない。

②結婚したら幸せになれると思っている

最近まで結婚したら幸せになれるとほんとに思ってました。

とにかく現状から逃げて彼と一緒にいられるだけで幸せになれると。

でも気付いたんです・・・このままでは結婚しても幸せになれないって!

結婚しても1日中一緒にいられるわけではありません。

彼と一緒にいられない時間を充実して過ごせるようにならないときっと私は幸せになれない!

私一人でも毎日充実して過ごせるようになってから結婚した方がいいなと思うようになりました。

③恋人を試してしまう

好意はよく分からなくても嫌われることには人一倍敏感です。

「お願いだから嫌わないで、捨てないで」とずっと思っています。

これはほぼ無意識ですが「彼はどこまで私のことを許容してくれるんだろう?」と試す行動が出てしまいます。

わざと連絡をずっととらないでみる、嫌がるようなことをやってみる、など。

それでも関係が破綻しなかったことに「良かった。これぐらいなら私は嫌われないんだ。」と安堵します。

これがエスカレートすると危険なのは言わずもがなです。

④恋人の何気ない一言で一喜一憂する

恋愛依存症は恋人の評価が絶対です。

判断基準が自分ではなく恋人にあるので恋人の一言で一喜一憂します。

例えば何気なく恋人が「ちょっと太った?」と言ったとしましょう。

恋人の気のせいで100gも太ってなかっとしても、

「ずっとデブって思われてたのかも。痩せないと嫌われる。」とすごく気にしてしまうばかりか言われていないことまで想像します。

⑤恋人がそばにいないと自分が分からなくなる

恋人から見た自分・自分からみた自分がごちゃまぜになって何が自分なのか分からなくなることがあります。

私は現在遠距離恋愛中ですが、彼とまたしばらく会えなくなると思うと自分がバラバラになるような感覚を覚えます。

彼の前で笑っている自分、一人で無気力で過ごしている自分のギャップに心がついていけなくなります。

おわりに

恋愛依存症でアダチルの私はこういう考えをしがちだよ、という例をお伝えしました。

恋人は自己肯定ができない人の自己形成のツールではありません。

健全な関係性を育むために恋人がいなくても自己承認ができるようにしたいです。

自分がこういう考え方をしがちだな~と思い当たる節があるならきっと修正できるはずです。

道のりは長いでしょうが、ちょっとずつでも変えていきたいですね。

こんな記事も読まれています

恋愛が第一でいいと思ってる?恋愛依存症はいつかあなたを不幸にする。
アダルトチルドレンで恋愛依存症の理奈子です。 小学生のころから「アタシは!恋に生きる!」と思っているマセガキでした。 将来の夢は...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする