苦手な言葉、我慢しますか?~「頑張れ」という言葉が苦手です!

あなたは「他人に言われたら嫌な気持ちになる言葉」はありますか?

あ、罵詈雑言とか暴言とか、大抵の人が言われたら嫌な気持ちになる言葉のことではないですよ!

大抵の人はそのワードを言われても傷つかないのに、なぜか自分は過敏に反応してしまう。

私はある言葉に苦手意識を持っています。

このワードが日常的に使われていればいるほど、社会で生きづらさを感じてしまいます。

スポンサーリンク
レクタングル大

昔から「頑張れ」が苦手だった

私の苦手な言葉は「頑張れ」です。

なぜか昔から苦手でした。物心ついたころ?少なくとも中学生ぐらいから既に「頑張れ」という言葉が苦手になっていました。

「頑張れ」と言われるとうっと心がつっかえ、プレッシャーを感じます。

言われることで通常のコンディションを発揮できなくなる気がします。

こんな性格だからうつになるんですかね・・・。

苦手だからと言って、「私に頑張れって言わないでくれる?」と要求したりはしません。

私が苦手でも、みんなは苦手ではありません。当たり前のように応援するとき、励ますとき、とりあえず何か言っとけばいいときに頑張れという言葉を使います。

その度に必要以上にプレッシャーを感じます。励ましてくれる気持ちはとても嬉しいです。そこは素直にありがとう、と感謝しています。

母はこんな私の性格を知っていてなるべく頑張れと言わないで育ててくれました。感謝です。

代わりに「気楽にやりなよ」とかですね。

ちなみに「頑張ったね」は平気です。努力が認められた感じがして良いです。

めんどくせーな、自分!

周りは平気でもなぜか自分が苦手なことがあればあるだけ社会不適合なのでしょう。

お疲れ様が苦手な人

「お疲れ様です」という言葉が苦手な知人がいます。

私は「お疲れ様です」という言葉をなんの疑問も持たずに今まで使ってきました。

目上の人に、とりあえず挨拶するときによく使う言葉ですよね。学校でも先輩に、社会でも普通に使うワードです。

しかしその人は「お疲れ様」が苦手なようです。

疲れてないのになぜそのような挨拶をしなければいけないのか疑問に思うそうです。

この話を聞いた時には「この人にとってのお疲れ様が私の頑張れに当たるんだな~」と納得しました。

自分だけでなく、苦手なワードを持つ人がいることを知りました。

苦手な言葉を使われたとき、どう対処する?

日常会話の中で使われるワードが苦手だった場合、どうすればいいのでしょう。

今までは我慢してきました。

今まで会ってきた人、これから会う人すべてに私この言葉苦手だから使わないでね、なんてわがままは言えません。

言ったところで、なんだあの人おかしい人だな。とどんどん人が離れていくでしょう。

では我慢し続ければよいのでしょうか?

対処法を2つ考えてみました。

①あまり気にしない

「黒猫のことを絶対考えてはいけない」と言われたら人は黒猫のことを考えてしまう生き物です。

ですから私が「頑張れ」と言われたことを気にしないようにしよう、と思ったところで「頑張れ」は意識してしまいます。

対策としては頑張れと言われたことにプレッシャーを感じすぎないようにする、あまり意味を考えすぎないようにする、社交辞令として受け流す。これらを意識するようにします。

②親しい人には打ち明ける

母が「頑張れ」の使用を避けてくれたように

親しい人には思い切って「この言葉が苦手なんだ」と伝えてしまうのも有りです。

家族、親友、恋人などこの言葉が苦手だと伝えても関係が悪化しないであろう相手に伝えるのが良いでしょう。

「実は、○○が苦手なんだよね。言われると○○と思っちゃってさ~」

と軽く使えてみると

「そうだったんだ。気を付けるね。」

と次からは使用を控えてくれるかもしれません!

おわりに

苦手な言葉なんて無ければ無いほど生きやすいだろうなーとは思います。

苦手なものを克服するのは簡単ではなさそうなので、上手な付き合い方を探していきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。