引きこもりニートなのに5月病・・・なぜ?

こんにちは!引きこもりニートの理奈子です!!

楽しかったゴールデンウイークも終わってしまい、5月病になってしまいました。

やる気が出ないなー何もしたくないなー・・・。

え?いつものことだって?

引きこもりニートも5月病になるのでしょうか?早速見ていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大

5月病とは?

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。

五月病ーWikipedia

あれ?

新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる

・・・ということは私は5月病には当てはまらないようです。

でも「など」って書いてあることは引きこもりニートも含んじゃっていいですよね?

曖昧な定義だからいいですよね?

今回はゴールデンウィーク明けに見られるうつや倦怠感などの症状を5月病と定義して強引に話を進めたいと思います。

引きこもりニートの5月病とは

症状

・抑うつ状態

・無気力

・不安感

・食欲不振

・不眠

うつ病とあまり変わらない症状が出ます。

原因

働かないで家でゴロゴロ好きなことをしているだけなのに

どうして5月病になるのでしょうか?

本来の5月病は新生活で環境が変化し、適応できずにストレスが溜まったところに待ちに待ったGWがやって来て、休みを満喫した後に普段の生活に戻る気が削がれてしまうものです。

4月からの疲れが吹き出し、GWに休みを楽しむこともできず倒れてしまい、休みが明けても調子が戻らないといったパターンもあります。

一方私はGWは人の金で寿司や焼き肉を食べ、家から離れて家事もあまりやることなく休みを満喫していました。引きニートのクズ。

休みが終わるといつもの生活とのギャップにやる気が削がれてしまいました。

いつの間にか新学期が始まっていたというのに私ときたら何も変わってないもんあ・・・と考えると気分が落ち込みます。

対応策

あまり気にしすぎない

気に病まないことです。

考えてみてください、引きこもりニートが社会に焦りや不安を感じているのはいつものことではないですか。

私に至っては双極性障害なので抑うつ状態はいつものことじゃないか!考えてみなくても分かるよなあ・・・。

というか「あーだるいわー。やる気でないわー。五月病だわーーー。」と思うことでいつもの症状の言い訳にしていたのでは?ただの甘えじゃないか!

結論

引きこもりニートに5月病なんてなかった。

抑うつも社会への不安や焦りもいつものことでした。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする