「死にたい」ではなく「消えたい」と思うことはありませんか?

希死念慮が沸き上がると、「死にたい」「死ななきゃ」が頭から離れなくなる。

あなたは「死にたい」ではなく「消えたい」と思ったことはないだろうか。

死ぬより消える方がいいと私は思うことがある。

「死にたい」と「消えたい」の違い

死にたいも消えたいも同じような意味と思われるかもしれないが、二つの言葉の意味は異なる。

まず、「死にたい」は希死念慮から来るものだ。その日その時何か嫌なことがあったから死にたいと思うわけでもなく、特別な理由がなくとも死にたい気持ちは突然現れる。抑うつ状態がひどくなると希死念慮が現れることもある。

私にとって希死念慮は死なせてくれない死神のようなものだ。

耳元で死を囁くくせにあの世に連れていくことはしない。

希死念慮が現れると死にたいと死ななきゃが混在するようになり、自殺に思いを馳せるようになる。具体的に自殺の方法を思いめぐらすこともあるが思うだけで実行したことはない。

うつの体は重いし、やはり死ぬのは怖いからだ。

希死念慮が鳴りやむのはいつになるかは分からない。

鳴りやむときがくるまでじっと待つしかない。

思考を止めることはなかなか難しく、自分の死にたさについてあれこれ考えてしまう。

このときに沸き上がってくる気持ちが「消えたい」だ。

死にたいとの違いは「最初から自分がいなかったことになりたい」というところだ。

今までやってきたこと、発言したこと、全部全部無くなればいいのに。

もう消えてしまいたい。生きていたくなんてない。

自分が死んだらどうなるだろう?

家族や親しい人は悲しむかもしれない。

生きている価値なんかなくても、周りに迷惑をかけたり悲しませるわけにはいかないだろう。

「じゃあ、最初からいなければ良かったんだ」と思う。

生まれてこなければ良かったのではないか。

あらゆる人の記憶の中から消えたい。

そうしたら誰も悲しまずに済むではないか。

死にたい…希死念慮(自殺念慮)

消えたい…自分の存在を無かったことにしたい、すべての人の記憶から自分を消したい、生まれてこなければ良かった

自己肯定ができない

「消えたい」と感じる人は自己肯定ができないのだと思う。

もともと自己肯定ができていて、ストレスなどが原因でうつ病になり、希死念慮が出てくる人は死にたいと思うだけかもしれない。

生育環境に問題があり自己肯定感が育たなかった人や

元々自己肯定ができていても病気が原因で自信を喪失し、自己肯定感が薄れた人は

死にたいと一緒に消えたい気持ちが出てくるのではないかと推測する。

私は機能不全家族で育ったわりには自己肯定感が育った方だと思う。

アダルトチルドレンで恋愛依存症ではあるが、双極性障害になるまではあまり自己否定することはなかった。

双極性障害が長引くうちに自信を喪失していった。

年々消えたい気持ちは増していく。

消えたい気持ちと向き合う

毎日必ず「死にたい」「消えたい」と思っていても

1日のうち必ずどこかでその気持ちを忘れるときは存在する。

消えたい気持ちはずっと続くわけではない。

その時まで辛抱強く待っていよう。

自己肯定感を高めるためには認知行動療法を試してみるのもいいかもしれない。

消えたいと全く思わなくなることを目指さなくてもいい。消えたいや死にたいなんて一切思わない自分は想像できない。いきなり完璧を目指す必要は無い。

消えたい、死にたいと思いながら生きていたっていいのだ。

こんな記事も読まれています

希死念慮は「死なせてくれない死神に憑りつかれている」感覚
鬱の時に希死念慮にまとわりつかれることが度々あります。 「死にたい、死にたい」 「消えたい、消えたい」 ...

シェアする

フォローする