拝啓 十五の君へ~過去の私の手紙が今の私を勇気づけてくれる

私が15歳(中学3年生)のとき、アンジェラ・アキの手紙~拝啓 十五の君へ~という曲が流行していました。

この曲は2008年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲としても有名になりました。合唱曲として歌ったことのある学生さんも多いでしょう。

私は15歳の時に自分へ向けて手紙を書きました。その手紙は今の私を勇気づけてくれます。

スポンサーリンク
レクタングル大

手紙~拝啓 卒業の日の自分へ~

中学3年生のときの担任の先生(けっこうミーハー)が卒業の日の自分へ向けて手紙を書きましょう、という課題を出しました。

クラス全員に便箋と封筒が配られ、中学卒業の日の自分へ向けての思いを綴りました。

私が書いた手紙は、このような内容でした。

拝啓

卒業の日の自分へ

今この手紙を読んでいる私は泣いていますか?笑っていますか?

受験が終わった今、どんな気持ち?この時私はA高かB高か親の希望と自分の気持ちの間で揺れていました。どんな気分で高校生になるんだろう。

(中略)部活は人間関係がグダグダで、成積も落ちてきて、生活リズムも限界。それでも私は今を生きるのに精一杯、そして毎日を生きてきました。

これからまた壁に当たるかもしれません。でも今悩んでるから言える、絶対大丈夫。

幸せがなんだか分からなかった今日。

君とみんなが幸せであることを願った。

どうあろうと、あの時間の私をこの時間の私が想い、今の私がその時間の私を想っている。

だから、私とあなたは生きている。

ここにいるから いつまでも。

平成20年6月2日 理奈子

いろいろツッコミどころがあって見直して爆笑しました。

最後ポエムかよwwwどうしてこうなったwww

成績を成と間違えてるし!

ポエムのこそあどややこしいし!

県内トップの進学校行った頭が書く手紙がこれかよと痛々しくて笑ってしまいます。

15歳っていったら厨二病完治していない時期だからねしょうがないね

それはさておきこの手紙、普段は様々な書類とまとめて保管しているのですが

たまに書類整理するときに出しては眺めています。

喉元過ぎればなんとやらで私は当時自分がどんな生活をして、どんな悩みを抱えていたのか忘れています。

A高かB高か悩んでいた、とありますがそんな記憶全くございません。手紙を読み返すまで私はA高一択で迷いはなかったものだと記憶しておりました。

その時は真剣に悩んでいたんでしょうね。

手紙には「絶対大丈夫」と書かれています。

当時の私が今の私を見たらどう思うでしょうか。精神疾患になって無職引きこもりになる未来なんて予想したでしょうか。全く根拠のない「絶対大丈夫」これ以上悪いことなんて起きないかのような自信を持った「絶対大丈夫」。

でも、なぜか15歳の私の根拠のない絶対大丈夫を責める気にはなれないんです。

むしろ、ほんとに大丈夫な気がしてきます。

私はこの手紙を読み返す度に勇気をもらっています。年月は人の悩みを風化させる力がある。そのとき悩んでいたことなんて未来の自分から見たら大したことないんだよ、ということを過去の私が教えてくれるんです。

手紙~拝啓 十五の君へ~

人は忘れる生き物です。

だから、現在の自分の悩みを綴ることには価値があると思います。

こうして私がブログで自分の苦しい思いを日々書き記すことにもきっと意味があって、

後で見返したら「あの時こんなことを考えていたんだな」と大したことのない悩みに思えるかもしれません。

そうなったらいいなと思っています。

それでは、せっかくなので23歳の私から15歳の私に手紙を書くことにします。

拝啓 十五の君へ

手紙、ありがとう。

君は卒業の日に向けてあの手紙を書いたけど、それからも時々手紙を見返しているよ。

十五の君は勉強に、進路に、部活に、恋愛にいろいろと悩みが多かったみたいだね。

残念ながらそのほとんどの悩みを忘れてしまったけれど、中学生活は友人に恵まれいい思い出になった。君の選んだA高もなんとか卒業した。勉強についていくことはできなかったけれどあの高校以外選択肢にないだろうと思えるくらいの高校だったよ。

今の私は君が想像していなかった生活を送っている。

挫折して、絶望して、もう終わりにしようと何度も考えるけど

君が書いた手紙を読み返すと「絶対大丈夫」と思えるんだ、感謝している。

十五の君が悩んでいるように、二十三の私も悩んでいる。

あの時君が精一杯生きていたように、今の私も精一杯生きている。

手紙がポエムになるくせは変わらないみたいだね。

では、私もいつまでもここで見守るとしようか。

平成27年 7月13日 理奈子

あなたも、未来の自分へ向けて手紙を書いてみませんか。

少し恥ずかしいかもしれませんが、未来の自分への思いがけない贈り物になるはずです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする