【母娘問題】何でもできる母と自分を比べて劣等感を感じてしまいます

母の影響を受け「母の好きなもの=私の好きなもの」になった私は、モノの好みだけではなく趣味も母の影響を強く受けています。

関連記事:【母娘問題】自分の好きなものが分からない!好みが母に影響されている娘

趣味や自分の好きなことを上達させたいと思うのはごく普通のことでしょう。

「歌が上手くなりたい」「絵が上手くなりたい」その時目の前立ちはだかるのは、母でした。

スポンサーリンク
レクタングル大

好きなことを母のように上手くできるようになりたい

母は自称器用貧乏ですが、娘の私から見るとどの趣味も秀でて見えました。

「歌手を目指したらよかったのでは?」と言われる母に歌で敵うはずもなく

美大を出た母に絵で敵うはずもなく

アクセサリーや小物のデザインはセンスで敵うはずもなく・・・。

私も母のように上手くなりたいと思う一方で、絶対無理だよと思う自分がいました。

私には無理だ。私は母のように上手くはできない。

好きなことを極めたくても、目標とする母のレベルが高すぎて努力する気が失せました。

上手くないことは恥ずかしいことだと思いました。

母のように上手くなるためには相当な努力が必要です。実際母も生まれ持ったセンスや素質だけでなく努力をしたから上手でいられるのです。

母が放任主義だったらまだのびのびと趣味を楽しめたのかもしれませんが、特に小さい頃は厳しく指導されることが多かったです。

デッサンが崩れてると上からペンで修正されました。

嫌な気持ちになりながら「お母さんみたいにはできないのに」と心の中で口を尖らせたのを覚えています。

大きくなってからもう少し褒めて育てればよかったなんて後悔しても遅いんですよ。

母の前で努力している姿を見せるのは嫌でした。

離れて暮らすようになってもなぜか努力することが悔しい気がしました。

それに、いくら頑張ってもどうせ母に追い付けやしないと諦めていました。

私は「その趣味が本当に好きでやっていた」のでしょうか。

それとも「母のようになりたくて趣味をやっていた」のでしょうか。

次第に分からなくなりました。

本当に好きだったら母のことなど関係なく努力していたのかもしれません。

母に影響され、母の好きなものを好きになり、母を目標としたことで私はもがき苦しみ続けていたのです。

母を超えなくてもいいんじゃない?

母の前で絵を描いて見せたり、歌を歌うのが嫌になっていきました。

趣味は自分が楽しいと思いながらやるのが一番ですよね。

もちろん、上達したらもっと楽しくなるのでしょうが苦しんでまでやるものではないはずです。

苦しむ過程でようやく、

母と同じにならなくてよい

母を目指さなくても良い

母を超える必要は無い

と思えるようになりました。

前よりも気持ちが楽になりました。

母が得意な分野でわざわざ母と張り合う必要は無いのだと、母の劣化コピーに自ら進んでならなくてよいのだと今では思えます。

自分の好きなこと・得意なことを見つけよう

母と共通の趣味は適当に楽しむことにしました。

絵は下手だけど、楽しむことを忘れずに母には描けない絵を描きたいです。

凝ったデザインや色遣いはできなくても、自分の好きなシンプルで透明感のあるアクセサリーを作りたいです。

歌は・・・たまに音が外れちゃうしハモリの音もとれないからちょっとあきらめ気味。

こんな風に自分なりの目標を作ることで母の呪縛から少しずつ抜け出せています。

そして、母は興味がない・得意ではない趣味を見つけることも効果がありました。

母と張り合う必要は無いと思っていても、何かで勝ちたいという気持ちはなかなか抑えられません。小さいころから師匠ともライバルとも思って育ってしまったせいでしょうか。

母とは違う分野で秀でている自分を見つけることで、自分は母とは違う存在だということを認識できました。

母の作らない料理を作れたとき、こうやってブログを書いているとき、少しずつ自信がついている気がします。

あなたがもしお母さんと自分を比べて劣等感に苦しんでいるなら、まずは自分の好きなことや得意なことを見つけてみてください。

お母さんは関係なく、好きだと思えるもの・興味のあるものを大切にしてくださいね。

こんな記事も読まれています

【母娘問題】「母がかわいそう」依存関係にある母と娘
母との関係性が苦しい、何かが変だと感じ始めたのは2年ほど前です。 苦しさの原因を突き詰めていくうちに「アダルトチルドレン」「イ...

【母娘問題】自分の好きなものが分からない!好みが母に影響されている娘
理奈子です。 母と依存関係にあり、苦しいのに離れられず、ちょうどいい距離をつかめずにいます。 Check! 関連記...
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする